不動産投資の特徴…不動産投資ネット


不動産投資の特徴

不動産投資の特徴

株取引や外国為替証拠金取引など、じつにさまざまな種類がある投資手段。このように数ある投資手段と比べて、不動産投資にはどのような特徴があるのでしょうか。

不動産投資の最大の特徴は、何といっても自分で収益の向上とリスクの軽減を図れることです。たとえば株取引の場合は、「この会社の業績が今後上がるかどうか」ということを予測して株を購入することになりますが、その後の会社の業績を予測することはかなり難しいうえに、株主であっても会社の業績までは自分で左右することはできません。また予想外の不祥事発覚や景気動向の変動次第では損失を出してしまう可能性があります。

それに対して不動産投資は、投資の対象となる物件の善し悪しの判断基準が分かりやすくなっています。立地条件や外観、管理状態、内装など目で見て判断できる部分が多いため、投資すべきかどうかの判断がつけやすいのです。株取引のように山のようにある銘柄の中から利益が出せそうな会社を選びだすよりは、不動産投資の方が投資の対象を選びやすいと言えるでしょう。

また、投資の途中でその内容を改善できるのも不動産投資の特徴です。たとえば株取引の場合は、株を持っている会社に対して何か経営改善策を講じてほしいと思っても、なかなか自分の意思をその会社に伝えて実行してもらうことはできません。しかし不動産投資の場合は、建物や内装の改修工事などを行なうことで空室を減らすことができるなど、投資対象に対して自分で対策をとって経営改善を行なうことができます。お金を投じるだけであとは手を出せないというスタイルではなく、自らの意思によって大きく収益を増やせる可能性があるのです。




  • おすすめ

    • 医療保険に入っていますか。入院保険と呼ばれることも多い商品で事故そして病気で手術や入院による給付金が支払われるものです。入院ではかなりの費用がかかります。これらの給付金で何とかなるかもしれません。医療保険についてはよく考えてみましょう。
      医療保険を知っている人は多いでしょう。医療保険は生命保険会社や損害保険会社の商品で手術・入院・通院等を対象とする給付金が保険会社から振り込まれてくることになります。入院や手術の経費についてそれら支払いに補てんすることができます。ネット保険の比較が必要か見てみましょう。