不動産投資の対象物件とは…不動産投資ネット


不動産投資の対象物件とは

不動産投資の対象物件とは

不動産投資において投資の対象となる物件にはさまざまなタイプのものがありますが、大きなくくりで分けると主にアパートやマンションなどの「居住物件」と、事務所や店舗などの「オフィス物件」とに大別することができます。

「オフィス物件」は家賃設定を比較的高めにできるというメリットがあり、特に駅近くの繁華街などの立地条件が良いところでは高めの家賃収入が見込めます。ただ、内装や設備などの費用が嵩む場合が多く、固定資産税の「住宅用地の特例」が受けられないというデメリットもあります。また景気の動向次第によっては、業績悪化によるテナントの撤退などの可能性も考えられるため、不動産投資物件の中では比較的ハイリスク・ハイリターン型の対象物件であると言えるでしょう。

また「居住物件」の場合は、「オフィス物件」よりも家賃収入が低くなるのが一般的です。しかしながら、内装や設備などのコストは「オフィス」物件ほどは嵩むこともありませんし、固定資産税の「住宅用地の特例」が受けられますので節税が可能です。また立地や内装、管理の良さなどの条件によっては長期間に渡って安定して入居者を確保することができる可能性があるため、収益性を安定させることもできます。

不動産投資の対象物件を選ぶ際には、各物件の抱えるリスクはもちろんのこと、中長期的な収益性やコスト面などもしっかりと考慮する必要があります。投資である以上、不動産投資にもリスクはつきものです。大切な資産を投資する対象となるわけですから、物件選びは慎重に行ないましょう。




  • おすすめ

    • 多くの生命保険会社は学資保険子供保険を販売しています。始めて親になったときに検討するのが学資保険です。子が次々学校を進学していくことを考えます。学校教育にも金が必要です。教育費をどうまかなうか。高校や大学進学時の入学金など学資保険によって確保します。学資年金には育英年金付き学資保険と言って親死亡時に育英年金が給付されるタイプのものもあります。学資保険比較をするとその違いが分かります。
      相続の専門家を知っていますが。相続のことは早めの相談が大切です。相続対策のことも聞けます。