不動産投資のリスクとは…不動産投資ネット


不動産投資のリスクとは

不動産投資のリスクとは

どのような投資手法にもつきものであるリスク。当然のことながら、不動産投資にもリスクは存在しています。しかしそのリスクがどのようなものなのか、またどう対処すればよいのかをしっかりと理解していれば、リスクは軽減することができるものです。そこで、不動産投資のリスクにはどんなものがあるのかを確認しておきましょう。

不動産投資の最大のリスク、それは「空室発生リスク」です。賃貸物件に空室が発生してしまうと、次の入居者が決まるまでは家賃収入が得られなくなってしまいます。しかし、その間も諸経費や借入金の返済などは続くわけですから負担が大きくなってしまいます。「空室発生リスク」は地震などの自然災害や火災などによって起こる可能性がありますが、こうした場合は保険への加入である程度対策をとることができます。また経年劣化や内装設備の老化などで空室が出た場合には、改修工事などの対策によってリスクを軽減することも可能です。

また不動産投資後に何らかの流動的な理由で資金が必要になる場合もあるでしょう。持っていた資産のすべてを不動産の購入につぎ込んでしまったあとに何らかの理由でお金が必要になった場合、購入した不動産を売却すればお金に換えることはできますが、買った時よりも安い値段でしか売れないという可能性もありますし、手数料などが嵩んで元の金額がまるまる手元に返ってくる可能性は低くなります。不動産は現金のように分けて使うことはできません。物件の購入時には資金に余裕を持たせておくことを心がければ、こうしたリスクは避けられます。




  • おすすめ

    • 入っている保険の再検討はどんな家庭でも簡単な問題ではありません。うまく生命保険選びを通販でできるのかは生命保険問題の解消について簡単に考えないことです。この保険選びの解決策についてよく話しておけば思っているよりもうまくいきます。生命保険の見直しに関係する処理と手続きはこのように考えることが重要な注意点です。生命保険の無料相談に応じる保険のプロやFPもいます。