不動産投資で事前に知っておくべきこと…不動産投資ネット


不動産投資で事前に知っておくべきこと

不動産投資で事前に知っておくべきこと

不動産投資を始めてみようかな?そう思ったとき、何も知らないままに大切な資金をつぎ込むのは不安ですよね。投資である以上は、利益を得ることを目的として行なうのですから、ある程度の知識を身につけておく必要があります。では、不動産投資で事前に知っておくべき知識とは、どのようなものなのでしょうか。

まず知っておきたいのは、現在の不動産市況とある程度の法律知識です。現状、どのような不動産が市場で求められているのか、また立地によってどのような不動産であれば空室リスクを防ぐことができるのかということを知っておけば、長期に渡って安定して収入を得ることができる物件をスムーズに選ぶことができます。また建物の高さや容積率などには「建築基準法」という法律で一定の規制が設けられています。テナントの出店に関しては「都市計画法」で規制がある場合がありますので、こうした法律にある程度の知識を持つようにしなければなりません。

さらに、そのときどきの人気の間取りや設備に関しても、情報を収集しておきましょう。インターネット回線や床暖房など、最近は住宅設備がしっかりと整っている物件に人気が集中する傾向があります。立地条件はもちろんですが、こうした内装や間取り、また災害に耐えうる強度などの基本性能を条件に求める人も増えています。こうした設備や性能にどのようなものが求められているのかについても、敏感になっておく必要があります。

加えて、購入を検討している物件の周辺環境などから、資産価値が維持できる物件かどうかを検討しておきましょう。一般的に建物は減価していくものですので、将来的に売却する可能性があることを視野に入れて、土地の価値をしっかりと知っておくことも重要です。




  • おすすめ

    • 探せば生命保険の無料相談もあります。心配がないような生命保険をアレンジするのは多少悩まないといけないことです。生命保険は一生涯の負担金額で考えれば個人の家計支出では住宅購入に次ぐ金額といわれている保険料総額になるもので、また自分自身を含む家族全体の万が一の保障をするものなでそれなりに努力して選ばないといけないのです。だから保険に詳しいFPに生命保険の無料相談をしてもらい後悔しないようにしましょう。保険につよいFPの保険無料相談もあります。