不動産投資物件選びのポイントとは…不動産投資ネット


不動産投資物件選びのポイントとは

不動産投資物件選びのポイントとは

投資する不動産物件を選ぶ際に最も重要になるポイントは、「安定した収入を長期的に得られる物件であるかどうか」ということです。安定した家賃収入を得るためには、空室リスクは何としても避けなければりません。長期にわたる空室期間をつくらないためには、多くの人が「入居したい!」と思える条件を兼ね揃えた物件のオーナーになる必要があります。

でも難しいのは、こうした条件を満たす物件を選び出すことです。基本的には、駅からの距離や周辺環境などの立地条件、部屋の間取りや広さ、日当たりや眺望など、自分が物件選びのときにチェックするポイントをすべて満たすような魅力的な物件であれば、借りたいという人が見つかりやすいと考えてよいでしょう。しかし投資の面から見ると、こうした居住条件に加えて物件そのものの基本性能や地域の将来性などを長期的な視野でしっかりと分析することも必要になります。

たとえば物件の購入にあたって借入金がある場合には、この借入金を完済するまで家賃収入を得続けなければなりませんし、投入金額を回収するためには少なくとも15〜20年程度はかかると言われています。このような長期にわたって継続した家賃収入を得るためには、将来的に発展性のある地域、または現在の好条件がずっと続くと思われる物件を選ばなければならないのです。

不動産投資物件を選ぶ際には、物件の現在の立地や設備などの条件面はもちろんのこと、長期的な目で見て収益を得続けられるかという点も考慮に入れるよう心がけるようにしましょう。




  • おすすめ

    • 生命保険等の保険を考え続けていれば意外にスムーズに解決したりします。生命保険コンサルの悩みが残らないように済ますことについていかがしますか。どんな人に相談しますか。オフィスビルの高層階などでも保険ショップが目立つようになっています。ここでの生命保険の生命保険のコンサルタントと呼ばれる人も増えているようです。またいろいろなところに保険ショップがあります。